hang裏ストーリーvol.1

~ハングボールはこうして生まれた!~

今でこそ、何食わぬ顔で「ハングボールはこう育てます」なんて説明をしていますが、ハングボールが生まれた背景には、不思議なご縁がありました。

2012年、以前から一度は挑戦したかったサーフィンと情報誌で見た「テールベルト」というカフェを訪れるため鎌倉に来るようになったこと。

足繁く通う中で同店店主の中村美雪さんに紹介され出会った、東京・西荻窪の「HATOBA」店主の國時誠さんに、吊り下げ植物の魅力を見出されたこと。

そしてそこからの、愛ある叱咤激励を受けながら、試行錯誤を重ねた日々。。。

振り返ると、貴重なキーパーソンの存在なくして、ハングボールは生まれなかったと実感します。

そんな誕生ストーリーを、鎌倉経済新聞さんが丁寧に取材し、記事にしてくださっています。

足を向けては寝られない恩人たちへの感謝を込めて、こちらに紹介させていただきます。

https://kamakura.keizai.biz/headline/424/
『全方向から楽しめる観葉植物「ハングボール」 鎌倉のカフェ空間埋め尽くす』
鎌倉経済新聞2020年9月17日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。